鼻の下の毛が剃れない場合

鼻の下の毛が剃れない場合

鼻の下の毛が剃れない場合というのは、いくつか考えられますが、まずは鼻の下の毛の肌がボロボロになっているからこれ以上は剃れない。
敏感肌ですでにカミソリや電気シェーバーの刃に耐えられなくなっている。などでしょうか。

 

もし鼻の下の毛が剃れないと自分で物理的に無理だと思っている人はまずは美容院でフェイスシェービングのメニューがありますので、試してみてください。
顔全体の産毛を綺麗にして、保湿までしてくれるメニューがあるそうです。

 

さらには、お肌が弱っているときには除毛クリームなど、タンパク質を溶かす薬剤が入っているものは使えないと思いますので、お肌にやさしい方法があります。
それは、時間がかかりますが抑毛効果のあるクリームを使うことです。クリームやローションなど多種販売されていますが、顔専用を選んでください。

 

こちらのクリームやローションには、女性ホルモンと同じ働きをしてくれる天然の成分が入っていますので、鼻の下の毛で剃れない部分でも、毛根を小さくしてくれます。
ゆっくり時間をかけて鼻の下の毛を処理している場合ではない!という女性であれば、もう医療脱毛かエステサロンの脱毛しかありません。
しかも、肌の弱い方であれば、強い医療用のレーザー照射に耐えられるかどうか不明です。

 

医療脱毛にするのかエステサロンにするのかを決めるのは色んなポイントがあります。
交通の利便性はどうか? トータルで支払う費用はどうなるか?自分の希望の部位の脱毛ができるかどうか? 

 

どういったパッケージ(鼻の下の毛以外も希望の場合)があるのか?店舗間の予約移動はできるのか?ウェブ上で予約が可能なのかどうか?

 

上記を判断基準にできる女性は肌が普通の人ですので、もし敏感肌やアトピー性皮膚炎などあり、鼻の下の毛が剃れない場合には、やはり皮膚科と同じ医療脱毛をおすすめします。

 

医療脱毛の方は、美容外科といっても、立派に医師免許を持つ人が施術をしたりレーザー照射の出力判断をしたりしますので、安心です。

 

万が一、肌に赤みが出たり、数日痛いと感じたり等があれば、軟膏や飲み薬を処方することもできますし、その場で処置してくれることもあります。
なぜなら、皮膚を熟知した上での医療脱毛ですから、肌に起こったことなら、ほとんどがなぜ?というのがわかるからなのです。

 

さらに、生活習慣を見直すことでも鼻の下の毛を薄くすることができます。ストレスを減らす、女性ホルモンと同じような成分が含まれる食材を多く取り入れる、よく眠ることなどです。

 

それぞれの質を高めることにより、お肌も綺麗になりますし、余計な産毛も薄くなって、健康にもなりますから、お試しくださいね。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

page top