顔脱毛で炎症が起きたら

顔脱毛で炎症が起きたら

顔脱毛で炎症が起きたらというのは、万が一ということですが、少し赤くなったり、水疱ができたり、ずっと赤みが取れないなど、メイクもできないという状態になった時には皮膚科に行って治療するのが一番ですが、その前に自分でできることもありますので、いくつかご紹介します。

 

ちなみに、レーザー照射や光をあてた部分というのは、一時的に日焼けしたような状態になっているため、紫外線を浴びるとすぐにしみになったりしますので、超敏感肌になっていると考えておいてくださいね。

 

まず、顔脱毛で施術した部分が赤くなってしまう場合があります。
この赤みはレーザー脱毛や光脱毛による熱で、肌が火傷による軽い炎症を起こしてしまっていることが原因です。

 

顔脱毛で赤みが出た場合の一番良い対処方法はとにかく冷やすことです。
サロンやクリニックでも冷却してくれますし、帰宅してからも保冷剤にタオルを巻いて、顔のひりひりがあるところにそっとあてて冷やしてください。
エステ脱毛ぐらいの光照射なら1日程度で赤みは引くと思います。

 

医療レーザー脱毛の場合は、赤みがもう少し長引く可能性がありますが、きちんと冷やし続ければ必ず治ります。
また、クリニック顔脱毛の場合は、施術後の肌をケアするための軟膏クリーム等を処方してもらえる(有料のクリニックもあり)こともありますので、相談してみるといいでしょう。

 

次に、脱毛によって肌が火傷した場合、施術後すぐに症状が見られた場合は大抵は対応してもらえます。
しかし、その時は気付かず、後日肌がヒリヒリしてきて、しばらくするとかさぶたになってしまったということも時には起こり得ます。
そのような場合の対処法としては、まずは施術した脱毛エステやクリニックに電話で相談するようにしてください。

 

そして、その指示にしたがって対処をすると良いでしょう。
注意点としては、かさぶたが気になるからといって無理にはがそうとしたり、触ったりしないことです。
無理にはがしたところだけが、皮膚が薄くなって色が違たら大変です。

 

最後に、顔脱毛は、高熱を当てることで脱毛を行なうので、どうしても肌が乾燥しがちになります。
肌が乾燥することから、肌がカサつき、かゆみが出てしまうことがあります。でもボリボリ掻いたりしないようにしてくださいね。
この場合の対処法は、乾燥が原因ですから、とにかく肌を保湿することが大事です。

 

注意点としては、肌に負担となる成分が多く入っているようなスキンケア剤は使用しないようにし、なるべくシンプルなスキンケア剤を用いるようにしてください。
脱毛処理により肌が敏感になっている事が多いので、刺激の強いスキンケア剤を使うと、発疹やかゆみなどの肌トラブルの原因になってしまう可能性があります。

 

できれば敏感肌用の化粧水などで十分に潤し、肌にやさしい乳液やクリームをたっぷり塗って、肌を潤してください。

 

⇒脱毛よりも手軽な顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

page top